サラリーマンのビジネスネタ帳

日経新聞電子版などからサラリーマンとしてビジネストークや雑談のネタになりそうな記事や話題、数字などをクリップしています。

【株式日和】2015年9月9日(水)日経平均株価18770.51円(前日比+1343.43円)昨日と打って変わって7年ぶりの上昇率を記録。上げ幅1300円超は21年ぶり。

日経平均:1万8770円51銭(+1343.43)
TOPIX:1507.37(+90.66)
日経平均先物9月限:1万8580円(+1120)

東証1部の売買高は27億9600万株、売買代金は3兆1484億円。
騰落銘柄数は値上がり1877、値下がり14、変わらず6。値上がりが98.9%。

  • 上昇要因として指摘されているのは、前日の欧米市場の株高と円安の進捗。
  • 海外ファンドの投機筋のストップロスの売り観測から、売りが出尽くしたとの感触も。
  • 中国景気減速に対する景気浮揚対策の期待も高まり、世界的なリスク回避姿勢が一服?
  • 日本の公的資金の買いも観測され、買い戻しを誘った。
  • 日銀の追加緩和への期待、安倍首相の円安・株高姿勢の再提示も影響か。
  • 昨日時点で、25日移動平均線とのかい離が10%を超え、異常な状態だった。1万9000円までの戻りを見てもよいという意見も。
  • PER14倍近辺では、年金などの中長期投資家の大幅買い越しが見られた経緯から、18000円以下は買いとの見方が広がってきている。
  • ただ、先行きを楽観視する向きは限定的(日経QUICK)
  • 底入れと判断するのは時期尚早との意見も。やはり米国の利上げ判断までは神経質な動きも。

昨日の段階で売られすぎとの指摘はありつつも、ここまで急反発すると予想した方は少なかったのではないでしょうか。専門家のコメントを見ても、株価と同じく昨日と打って変わって前向きなものが多かった気がします。

金曜日のSQを前に、不安定な動きになることを予想する専門家もいますので、まだまだ安心はできないですね。

(参考記事)

今日の株式 明日の株式:ストボ!Podcast » 9/9 今日の株式明日の株式

www.nikkei.com

www.bloomberg.co.jp

www.nikkei.com