さらひと☆経済・ビジネスノート

日経新聞電子版などからサラリーマンとしてビジネストークや雑談のネタになりそうな記事や話題、数字などをクリップしています。日々チェックしてツイッターでツイートした情報を、1日分まとめて「さら経-日本経済ウォッチ」として掲載しています。

日本郵便が自社通販サイト「郵便局のネットショップ」でドラッグストア大手のココカラファインと連携して医薬品インターネット通販を開始。今夏には一部郵便局で商品の受け取りも可能に。

日本郵政傘下の日本郵便が、ドラッグストア大手のココカラファインと連携して、医薬品のインターネット販売を開始しました。

日本郵便、ネットで医薬品販売 ココカラファインと組み :日本経済新聞

ココカラファインが扱う健康食品や化粧品なども含め約7000アイテムを日本郵便の通販サイト「郵便局のネットショップ」http://www.shop.post.japanpost.jp/)で販売

3098 (株)ココカラファイン (ココカラF) :日経会社情報:マーケット :日本経済新聞

ドラッグストア 〜郵便局のネットショップ〜を見ると、3月9日の午前8時59分まで送料無料キャンペーンも実施しています。

これまで、切手や地方の特産品を中心に扱っていたものを拡充。商品はゆうパックで届けますが、今夏をメドに一部の郵便局でも受け取れるようにする予定です。

以下、両社のプレスリリース(PDF)から一部を転載します。

 

日本郵便株式会社と株式会社ココカラファインの連携による医薬品等の通販事業の開始

日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 髙橋 亨/以下「日本郵便」)と株式会社ココカラファイン(神奈川県横浜市港北区代表取締役社長 塚本 厚志)は、お客さまの健康と地域社会への貢献を目指し、医薬品等の通販事業を連携して行うことといたしました。
まずは 2015 年 2 月 23 日(月)から、日本郵便の通販サイト「郵便局のネットショップ」上に、ドラッグストア専用ページを開設いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1 概要

お客さまの健康と地域社会への貢献を目指し、日本郵便の通販サイト「郵便局のネットショップ」(http://www.shop.post.japanpost.jp/)にドラッグストア専用ページを開設

2 開設時期

2015 年 2 月 23 日(月) 9:00

3 ドラッグストア専用ページ取扱商品・取扱商品数

指定第 2 類・第 2 類・第 3 類医薬品、医薬部外品、健康食品、化粧品、日用品等、約 7,000 アイテム

4 販売者

株式会社ココカラファイン OEC(神奈川県横浜市港北区代表取締役社長 郡司 昇)

5 特徴

(1)お客さまの症状に合った薬を症状別に選びやすいコンテンツ
(2)お客さまの体質や生活に合った薬であるかを確認できる問診チェック機能
(3)薬剤師が土・日・祝日も常駐し、お客さま個別のご相談に応対

6 決済手段

ゆうちょ即時振替サービス(※)、クレジットカード、コンビニ前払い、pay-easy、代引き
※「ゆうちょ即時振替サービス」とは、パソコンやスマートフォンよりゆうちょ銀行の総合口座から直接決済いただける新しい決済方法です。

7 その他

本専用ページでご注文の商品はゆうパックで配達いたしますが、今後、郵便局受け取りも実施する予定です。
商品数約 20,000 アイテムを取り扱う「郵便局のネットショップ」に、医薬品等約 7,000 アイテムが加わり、取扱商品数が約 27,000 アイテムとなりました。
今後もお客さまの生活支援を追及し続け、受け取り場所、取扱商品を拡大してまいります。

 

日本郵政グループの将来設計を描く!―総収入国内ランキング2位から世界への飛躍を!

日本郵政グループの将来設計を描く!―総収入国内ランキング2位から世界への飛躍を!