さらひと☆経済・ビジネスノート

日経新聞電子版などからサラリーマンとしてビジネストークや雑談のネタになりそうな記事や話題、数字などをクリップしています。日々チェックしてツイッターでツイートした情報を、1日分まとめて「さら経-日本経済ウォッチ」として掲載しています。

三菱UFJフィナンシャル・グループの2014年4~12月期の連結純利益、過去最高の9269億円。邦銀初の1兆円間近。

三菱UFJフィナンシャル・グループは、2014年4~12月期の連結純利益、過去最高の9269億円となり邦銀初の1兆円間近に。

銀行単体の純利益では、三菱東京UFJ銀行5394億円と三井住友銀行5304億円と同程度。

グループ全体の連結純利益では信託銀行、証券会社、アユタヤ銀行・米ユニオンバンクモルガン・スタンレー等の海外事業(1900億円)が貢献し、三菱UFJフィナンシャル・グループが独走。

連結純利益に占める商業銀行の利益シェアが、三菱UFJが58%、三井住友が78%。

国内は低金利で苦しく、運用商品販売や協調融資組成などの手数料重視のビジネスモデルへの転換を急いでいる。

海外のエネルギー関連のプロジェクトや大手企業への融資が多いことから、原油安が不安定要因になるなどリスク要因もあるため、予断を許さない。

三菱UFJフィナンシャル・グループ、純利益1兆円射程 :日本経済新聞


収益力で独走の三菱UFJ、1兆円決算に潜む課題 :記者の目 :企業 :マーケット :日本経済新聞

株価も足元では順調に上がっています。

8306 (株)三菱UFJフィナンシャル・グループ (三菱UFJ) :日経会社情報:マーケット :日本経済新聞

三菱東京UFJ銀行の会社研究 2015年度版―JOB HUNTING BOOK (会社別就職試験対策シリーズ)

三菱東京UFJ銀行の会社研究 2015年度版―JOB HUNTING BOOK (会社別就職試験対策シリーズ)