サラリーマンのビジネスネタ帳

日経新聞電子版などからサラリーマンとしてビジネストークや雑談のネタになりそうな記事や話題、数字などをクリップしています。

【ランキング】生命保険グループの保険料収入(2014年4月~12月)。第一生命が3.9兆円でトップ。

2015/9/3追記※2015年3月期決算関係の記事はこちら↓

生命保険会社の保険料収入ランキング【2015年3月期決算】→5.4兆円で第一生命がトップ。 - さらひと☆日経日和☆ビジネス日和

主要な生命保険グループの2014年4月~12月期の保険料収入が紹介されていました。

【保険料収入と対前年同期増減率】

  1. 第一生命:3兆9460億円+25.1%
  2. 日本生命:3兆6830億円+4.5%
  3. 明治安田:2兆5660億円▲7.2%
  4. プルデンシャル生命:1兆5474億円+1.6%
  5. T&D:1兆4909億円+23.3%
  6. メットライフ:1兆3404億円+8.6%
  7. アフラック:1兆1584億円▲7.4%
  8. MS&AD:1兆867億円+24.1%
  9. ソニー生命:6754億円▲8.6%

第一生命がトップ。同社の伸び率が高いのは、収入に占める窓口販売の割合が4割弱で、銀行窓口販売の外貨建て変動年金保険が好調だったため。それに対し、日本生命は窓口販売の割合が10%前後にとどまっています。

損害保険各社に比べて、会社ごとの業績にばらつきが出ています。


生保、相続マネーで潤う 大手4社の4~12月、保険料収入7%増 国債の運用は悪化 :日本経済新聞