さらひと☆経済・ビジネスノート

日経新聞電子版などからサラリーマンとしてビジネストークや雑談のネタになりそうな記事や話題、数字などをクリップしています。日々チェックしてツイッターでツイートした情報を、1日分まとめて「さら経-日本経済ウォッチ」として掲載しています。

【数字】【トレンド】脱時間給制度(ホワイトカラー・エグゼンプション)対象、年収1075万円以上。国税庁調査では年収1千万円超は186万人、うち68万人が役員。@日経「脱時間給 金融・商社が意欲 生産性の向上狙う、導入は労使合意必要 厚労省案決定」

脱時間給の対象は年収1075万円以上の専門職。商社や金融機関が導入に積極姿勢。

記事中に出てきた導入に積極的な企業は次のとおり。

国税庁の調査:86万人が年収1000万円超、うち68万人は役員。残りの多くも管理職。→今回の導入の対象になるのは20万人よりかなり少ないとのこと。

ちなみに、週50時間以上働く人の割合は日本が約3割で、約1割の英国・米国・フランスの約3倍。


脱時間給 金融・商社が意欲 生産性の向上狙う、導入は労使合意必要 厚労省案決定 :日本経済新聞

 

日本の雇用と中高年 (ちくま新書)

日本の雇用と中高年 (ちくま新書)