サラリーマンのビジネスネタ帳

日経新聞電子版などからサラリーマンとしてビジネストークや雑談のネタになりそうな記事や話題、数字などをクリップしています。

【日経日和☆株日和☆2014年11月18日(火)】「選挙になれば株価が上がる」で反発?

◆日経日和

日経新聞の記事などから私が気になった記事などをピックアップしながら、つぶやいています。

今日の夜、安倍首相が消費増税の先送り、解散総選挙の意向を表明しました。いよいよ選挙に突入します。経済情勢がどうなるのかも注目です。


首相「法人減税、賃上げと一体で」 単独会見 :日本経済新聞

◆東京株式日

東京株式市場の概況、ミスターマーケット※の行動を眺めています。
※市場は「ミスターマーケット」と擬人化して呼ばれることがあります。理屈通りにいかず、不安になったり、調子に乗ったり、とても人間的な動きをしますよね。

日経平均株価:1万7344円06銭(△370.26)

TOPIX:TOPIXは1394.88ポイント(△28.75)

売買高:概算25億6268万株

東証1部の騰落銘柄数:値上がり1675、値下がり121、変わらず38

TOPIX業種別指数:全業種が上昇。水産農林、繊維、その他製品、機械などの上昇が目立った。

消費再増税の先送りが短期的に景気を下支えし、株価にもプラスだとの思惑。

「選挙になれば株価が上がる」とのアノマリー(合理的に説明できない経験則)も材料。

主導しているのは先物。全般的に買われているため。

GDPショック明け、買い戻された。昨日の下げ幅の7割超を1日で回復する非常に速い戻り。

そもそもGDP速報は改定が入るし、足元の企業統計は順調なものもあり、先高期待が根強くある。

市場は、消費増税先送り、選挙結果の先行きを楽観。長期政権になることを期待している。

【株式市況の情報源】

今日の株式 明日の株式:ストボ!Podcast » 11/18 今日の株式明日の株式


東証大引け、反発 前日急落の反動で全面高 ソニーなど高い :国内株概況 :株式 :マーケット :日本経済新聞

 

◆経済レポート日和

シンクタンクや金融機関などが公表している各種経済レポートをまとめて提供している「経済レポート情報-経済ニュース」でランキング上位のレポートからピックアップします。

藤戸レポート~「デフレ脱却」に向けて統合された政策 (三菱UFJモルガン・スタンレー証券)

2014年7-9月期四半期別GDP速報(1次速報値) ~増税後の景気の弱さを再確認 (第一生命経済研究所)

【日本経済見通しシリーズ No.2014-5】2014~2016年度改訂見通し-脱デフレ優先の政策運営で当面景気回復傾向が持続:リサーチ・アイ (日本総合研究所)

その他の人気レポートはこちら→2014-11-18の日刊ランキング:経済レポート情報