サラリーマンのビジネスネタ帳

日経新聞電子版などからサラリーマンとしてビジネストークや雑談のネタになりそうな記事や話題、数字などをクリップしています。

日経未来投資プログラムに参加。参加受付は2014年8月31日まで。

◆投資の勉強を思い立つ

投資の勉強をしようと思い立ったのは、全く素人にもかかわらず、仕事で投資や運用の知識が必要になったのが一番の理由。ほとんど新聞を読まなかったのが、日経新聞の購読は必須となり、家計には苦しいながらも日経電子版を契約(月4,200円!)し、継続的に読むことに。ところが、継続して読んでいるとこれがおもしろい。

また、読んでいくうちに預金を運用しない手はない!という思いが強くなってくる一方で、知識も経験もない素人が投資に手を染めて大損をするという不安もあり、なんとなくすっきりしないまま時間が過ぎていました。

◆日経未来投資プログラムに登録。仮想株式投資で勉強。

そんな折、「日経未来投資プログラム」という仮想株式投資を通じて3年間学ぶ体験型コンテストを発見。

日経未来投資プログラム

以下、上記公式サイトのお誘いです。

『100万円×3年間。あなたの未来を考えるきっかけとして。
「貯蓄から投資へ」という言葉が実感として響くようになってきた今。投資の力を身に付けるためには、未来を考える力と金融リテラシーが欠かせません。
このコンテストでは、サイト上で毎年100万円、3年間かけて仮想投資を行います。その間、投資に必要な基礎的な知識、考え方を学びます。参加者は3年後にその検証と評価をします。
投資をはじめようと考えている人が、株や経済を見る目を養い、長期投資や分散投資の効果、株式投資の面白さを仮想体験し、金融知識を高めていくためのコンテストです。
あなたの未来のために、今、はじめましょう。』

概要

主催
日本経済新聞社
特別協賛
野村グループ
後援
金融庁 日本取引所グループ 日本証券業協会
協力
QUICK
募集期間
第1回2014年4月1日〜8月31日
参加期間
第1回2014年4月1日〜2016年12月末
参加対象者
20歳以上の一般個人
参加料金
無料
参加者特典
優勝者に旅行券50万円、現金30万円など

既にプログラムは4月から開始していて、参加〆切が今月末というタイミング。これは参加しない手はということで、早速登録することにしました。

登録は簡単で、メールアドレスと氏名、生年月日をサイトから登録するだけで参加できます。もちろん無料で費用はかかりません。わずか数分で登録完了。

コンテストと銘打っていますので、こちらも8月末までに今年の年末段階での日経平均株価・為替の予想と投資方針を入力し、年末にその成果と投資のレポートを書くことで自分の投資を振り返り、次に生かすという仕組みになっていて、優秀者には本当の投資資金として現金ももらえるということです。

私の場合は、そこまでの期待をしているわけではないですが、興味がないと言えばうそになりますね。ということで、早速、日経平均株価と為替、投資方針を登録しました。あとは、投資銘柄を選び、購入(もちろん仮想です)をするだけです。

ちなみに、恥ずかしながら私の登録した予想を書いておきますと、

日経平均株価⇒17,000円、為替⇒1ドル=107円

もちろん根拠はありません!あえて言えば、日経電子版を読んでいての印象という感じでしょうか。

本日時点で、
「あなたの昨日時点での評価額は、1,000,000円です。(1105番目 /3594人中)」
とのこと。

平均評価額は、1,020,473円で、すでに300万円以上に増やしている方が4人いる一方で、100万円を切っている方が489人となっていました。これを見るだけでも興味深いです。

今後の投資状況はまたレポートしたいと思いますが、まだ参加されていない方で興味のある方は、8月末までに登録だけでもしてみたらいかがでしょうか?

http://www.flickr.com/photos/68751915@N05/6736161971

photo by 401(K) 2013